会社に行く

昨日、復職の手続きのために会社へ出向く。
久しぶりに朝電車に乗ったので、ラッシュに当たる。
・・・といっても最寄り駅は始発駅なので、座れましたが(^^
そこで、化粧をしている女子に出くわす。
しかも、その子の服装がキャミソール・・・といっても下着チックなデザインで
「それを一枚で着るのはまずいだろうよ。せめて何か羽織りなさい」
といいたくなる感じだったのだ。一歩間違うとスリップだよ、ありゃ。(もっと古い表現だとシミーズね)
で、前髪をでっかいクリップ(挟むやつ)で止めているので、さながら
「寝起きのまま寝ぼけて出てきました」という風貌。(電車で化粧するくらいだから、当然スッピン)
見てはならぬ、と分かってはいたが暇だったので化粧のプロセスを見てしまった。
・豪快にファンデーションを塗る
・アイシャドーをこれでもか~~と塗る(色は派手なピンク)
なぜか、眉毛書きやマスカラはしない。(後でやるのだろうか)
おまけにチークもしないので顔色悪し。まぶたのアイシャドーだけが悪目立ち。

「ファンデーションはもっと丁寧に、特に小鼻はスポンジを折って叩き込むように塗りなさい」
「派手な色のアイシャドーはポイントでつけたほうがいいんじゃないの??そんなに眉毛まで塗りたくると殴られた人みたいだよ~」
・・・ついつい心の中で突っ込んでしまったではないの。まあつまりあんまりメイクが得意じゃないのかな?という感じだったのだ。

まあ、電車でのメイクってマナー違反だと思うのでやめましょうね。
車内は自分の部屋じゃないからね、時間に余裕を持って行動しましょうってことで。
化粧はオンナのたしなみ、公共の場で見せるもんじゃないですよ~だ。

でなんの話だっけ??自分の復職のことだった。
結論から言うと来月には晴れて戻れそうです。
長い時間をかけて療養した甲斐がありました(^^

しかし、復職手続きがこれまた大変だった・・・・。
いわゆる「復職願い」を書いて、ハイおしまいじゃないのよ。
産業医との面談に始まり、ななんと人事部に「顛末書」を提出しないといけないのだ。
「休職~復帰にいたる経緯」を書かないといけなくて、結構焦った。
「顛末書」なんて何かしでかした時に上司に出すものとしか思ってなかったからなあ。
そんなこんなで無事に顛末書も書き上げ(上司の添削もあり)、一通りの書類を提出。

・・・・昨日は結構くたびれ果てて、お昼に帰宅後昼寝をしてしまい、夜お風呂に入らずに寝てしまったZZZZZ
気力、体力を使った一日であった。
(でも、自分の復帰のために会社で色々協力してくれる人もいるわけで。そういう人に支えられているんだと実感。
よ~し、自分も報えるように万全の状態で復帰するぞ)
[PR]
by maloa | 2006-07-01 16:37 | 日常雑記


<< 眠れない スッキリ!!! >>