漢字が書けなくたっていいじゃないか

これって私に限らずだと思うが、最近漢字が書けなくなってきている。
まあ、世の中メール社会。手書きでお手紙を書いたり、資料を作ったりなんて殆ど無い(かもしれない)ので、そうなっちゃうのかな~と思うが、それにしても
「もしかして、ボケはいってる???」とビクビクするときがある。
(一応、漢字検定4級。履歴書には書けない)

そんな自分に落ち込みつつ、最近TVを見ていて
「この人、ほんっとう~にヤバイ」という人を見つけてしまった。
ファンの間ではきっと有名なのでしょう、「次長課長 井上

よく、クイズで「では、答えをフリップにお書きください、どうぞ~」ってあるでしょう。
そんな時に井上が書く文字が、まあなんと言うかさながら絵文字かハングルか、と自分の目を
疑うときがあるのだ。
漢字がわからなきゃ平仮名で書けばいいものの、きっとうろ覚えの漢字を書いたつもりなのでしょう。
でもそこには、それを指摘されてもまったくめげてない井上がいて、(判っていない、という説もある)
漢字が書けなくてもいいやん、別に」的な一種の突き抜けた感、清清しささえもおぼえてしまうのであった。ここまでくるとある意味羨望のまなざしで見てしまう・・・。(かも)

しかし、私にはそこまでの度胸はないので(人目を気にするA型)、今度辞書を買ってきて
こっそり勉強しよう・・・・。

あ、そういえば井上が本日誕生日らしく30歳になられたそうで。おめでとうです。
私個人的に「男も女も30歳からよね!」と思っているが、いつまでもそのままでいておくれ、と
思わずにはいられないのであった。

それにしても、この文章ヲタっぽくないっすか??平気っすか??
・・・・え、やっぱりヲタ?
あ~そうっすか・・・・・・。
(といつまでも気にするのがA型)
[PR]
by maloa | 2006-02-02 11:16 | 有名人話


<< 哀れな大人がいたもんだ その女、休職中に付き >>