2006年 02月 06日 ( 3 )

そんな季節なのねぇ

今日イトーヨーカドーにお使いに行ったら、
「バレンタイン特設コーナー」が出来ていた。
あ~~もうそんな季節なのねぇ。ちょっと前に新年を迎えたばかりなのにねぇ。

で、早速物色。ふ~んいろいろあるんだねぇ。
高級ブランドの物から、「チュウしたくなる薬」とか栄養ドリンクのパクリ、おまけに「おっぱいチョコ」なるものまで。
(でも、こういう類のって誰にあげるんだろう??未だにおっぱいチョコでコーフンする人って
いるのかなあ?私は義理でもあげたくないなあ)
最近では「友チョコ」とか「自分にあげる」とかあるらしいから、もうなんでもあり、なんだね。
だって、ほんと~においしそうなんだもん。女子的に「男の子だけがこんなおいしいものを食べるなんて、ズルイ!私たちも食べた~い。」という心理はよくわかる。
会社でもこの季節、やってるしなあ。上司とかバイトの男の子にあげたり・・・。まあ一種のコミュニケーションだよね。
今年は残念ながら参加できないけど、きっと準備しているのでしょう(遠い目)

この季節、男性陣にとってはいかがなんだろうか?
きっとダンナの会社でも繰り広げられるのでしょう。
そして今年もまたこの質問をする季節がやってきた・・・・。

「え~ダンナさま。今年もジャニーズばりに4トントラックを準備したほうが宜しいでしょうか?」

・・・・ダンナよ、毎年カバンに収まる量じゃないか・・・・・。
[PR]
by maloa | 2006-02-06 19:43 | 日常雑記

「マロンです。」

ボクの名前は、マロン。
ミニチュアダックスとです。
年は2歳半。人間でいうと20代半ばぐらいとです。いわゆる「お年頃」とです。
でもボクのおとうさん(以下、オジ)とおかあさん(以下、オバ)は
「やってることは、幼稚園児並み」といつも言ってるとです。
「ボク」といってるとですが、れっきとした「メス」とです。


・・・マロンです。
今日ボクはオバと散歩に行ったとです。
その時、粉雪が降ってきたとです。
粉雪といえば冬の風物詩とですが、ボクにとっては寒いだけとです。
ボクは急いで家に帰ったとです。今日の散歩は10分で終わったとです。

・・・マロンです。
ボクの家では、1年を通してほとんどエアコンを使わないとです。
「電気代がかかるから」らしいとですが、はっきり言って夏は暑く、冬は寒いとです。
同居人のうさぎさんも同じことを思っています。
ボクはこの家にきて「忍耐」というものを覚えたとです。
あ、オジに言いたいのですが、「えさ代ぐらい稼いできなさい」と言わないで欲しいとです。
結構傷ついているとです。

でも、毎日平和に暮らしているとです。


マロンです。
f0057337_18445319.jpg


マロンです。
f0057337_18451989.jpg



マロンです・・・・・・・。
(ヒロシ風味でお送りしたとです)
[PR]
by maloa | 2006-02-06 18:49 | 日常雑記

んなこと言われても・・・

夕べ、ダンナが
「おまえ、早速久保の話書いただろう。」
「オレはそんなにセックスアピールがないのか。」
と、このブログの感想を話してきた。
(身内だから読んで当然)
あちゃ~そうですか~。あれよかれと思って書いたんだけどなあ(汗)
ダンナは時々TVに出ている人を何かに例えることがあるが、それが意外と的を得ているのだ。
ダンナの観察眼を密かにすごい、と尊敬している私はそれを言いたかっただけなのになぁ。
「エスパー久保」、かなりツボなのよ・・・・。
あと後者の件のほうをダンナは気にしているようだが、これも違うんだよう。
ん~なんつーか、ダンナをけなしているわけじゃないのになあ。
ダンナは、私がいいなと思っている有名人を少し気にしている傾向があるので、これからも
次長課長がTVに出るたびに井上をチェックしておくれ。
そのうち私が言いたいことがきっとわかる。君ならわかってくれる。
・・・・・以上、超個人的伝言板でした。大変失礼しました。m(- -)m


エスパー、もといドラゴン久保の話が出たのでサッカーネタをひとつ。

私は代表サポーターもどきなので、当然ファンの選手がいる。
その人は、DF中澤佑二
そうです、DFの要、ボンバーヘッドの中澤ですよ!(ややコーフン)
何がいいって、あ~た(幼稚な表現だけど)サッカーに対する取り組み、プロ意識の高さが素晴らしいのだ。
何しろお酒、タバコ、甘いものは一切口にしない、(ついでにお小遣いは月5万円らしい)と
Jリーガー=夜な夜なクラブに繰り出してナンパしまくり、と未だに偏見がある私からすれば
ただ「すごい」の一言。
プロとしては当然だろうが、なかなか出来ないと思うのだ。でもっとすごいのがそういうことを
ストイックさむき出しではなくて、さらりと言ってのけるところ。
彼はいわゆる「サッカーエリート」ではないので自分が何をすべきか、をキチンと理解したからこそ今の彼がいるんだろうな。
しっかりと「自分」というものを持っている人が、好きだ。
(ここからはヲタ的だけど)それに、ワイルドなルックスにも関わらず物腰が柔らかいのも個人的にはツボ。内面の良さがにじみ出ている人が好きだなぁ。
・・・・・はっきりいってこんな人が身近にいたら、惚れる。(キッパリ)
(ここではダンナには5万光年彼方に行っていただこう)

日韓W杯では代表を逃した中澤。
事あるごとに「最終ゴールはW杯」と言っているので、ぜ~~~ったいドイツ行きを決めてくれよ~~~。
・・・代表23人の発表を今から心待ちにしているのだ。
[PR]
by maloa | 2006-02-06 11:04 | 有名人話