2006年 02月 15日 ( 3 )

言わんこっちゃない その2

コンタクトレンズ使用者なら理解していただけるでしょう。

ある日「視界が悪い」って気づくことありませんか??
実はここ数日どうも視界がイマイチで
「もももしかして、老眼がキタ・・・・??」とビビッていたのですが、本日病院へ行って
すべてが判明いたしました。
(一応言っておくが、そんなに歳は取っていません。まあそれなりにってことで・・・)

なんてことは無い、「左右逆にレンズをはめていた」だけだったのです。(失笑
ちなみに2回目でございます。
1回目のときは、急に視力が落ちたので
「せ、先生!!私の目が・・・」と病院に駆け込んだが、検査後先生(男性で意外と若い)が
やや失笑ぎみで
「左右逆ですね」と爽やかに伝えた・・・。
「良くあることですからあまり気になさらず。」
・・・気にするよ・・・男性の先生に言われたのがプチショックだったのだ。あのときの私は若かった。

そんな経験があったので今回も薄々気づいていたのだが、ほら言わんこっちゃない、だったのだ。
さすがに2回目だともう慌てません。ベテランでございます。(オイ

後は本日「ドライアイ」だったことも判明。どうりでコンタクトしていると目がショボショボするわけだ。決して老眼ではなかったのね。こころなしかまばたきも少ないし。
眼球の検査で先生に上まぶたをベロ~~ンとめくられる。
そう、小学生が良くやるいわゆる「赤目」状態。
「今、赤目だな」って分かったよ。これは未だにちょっと嫌。あのまぶたの裏が眼球に引っ付く感じ・・・。ううキモ。
・・そういえばクラスにひとり必ず「赤目」をやる奴っていたね。

今度から、コンタクトの着脱時に指差し確認しようかなあ??
「右、入ります!!」「左、はずします!!」
何で間違えるんだろうね??15年コンタクト使ってきてるけどいまでも不思議だよ。
(アンタがだらしないだけだろうよ・・・)

まあ、視力はいいに越したことはないっすよ。ホント。
[PR]
by maloa | 2006-02-15 20:33 | 日常雑記

言わんこっちゃない

さてさて、このブログにきてくださった皆さん、お待たせいたしました。
前々回の続きでございます。

(前々回より)
ええ~となんだっけ?あっそうだ、そうだ。
日曜日の「おしゃれイズム」に「タンメン」河本のおこちゃまが出ていて、アンパンマンに会って大喜びで、確か「河童くん」井上がアンパンマンギターで本気で遊んでいて・・・それを見てふと思い出した話をする、だったよね。
・・・ちなみに「タンメン」「河童くん」は我が家での次長課長の呼び名です。ハイ。
「タンメン」はベタに言わずもがな、ですが、「河童くん」は井上ファンにぶん殴られそう・・。
でも、どうしても雄蛇ヶ池にぼ~~と佇んでいそうな人のいい河童のイメージなんだよう。
しかも「雄蛇ヶ池」なんて千葉県民しか知らないし。決して悪口じゃないよう。

やっと本題。
思いだした話とは、数年前TDLで目撃したこと。
キャラクターグリーティングってあるでしょう。一緒に写真取るやつね。
パークの一角でミッキーマウスと写真を撮れる、ということで多くのゲストが並んでいて
和やかにグリーティングは進行。しかし!ある男の子(3,4歳ぐらい)の順番にきたら和やかな雰囲気は一変。なんと男の子はミッキーを見て大泣き。
どうやらミッキーが怖かったらしい。でも男の子はミッキーのぬいぐるみを握り締めていて
(しかも薄汚れている)ミッキー自体は大好きなんだけど、いざ本物に対面したら余りに巨大で
ビックリした模様。
お母さんはうろたえるし、ミッキーはミッキーでお鼻をピクピクさせたりあやそうとしてるんだけど、やればやるほど男の子は顔を真っ赤にして号泣。
しまいには、ミッキーは頭ポリポリ掻いて助けを求めていたよ・・・。
あんなにうろたえているミッキーなんて初めて見たよ・・・。
周りのゲストもクスクス笑ってしまい(苦情がでないのがTDLのいいところだよ・・)微妙な空気が・・・。
それを見た私は「うわ~~子供って純粋過ぎる・・・」としみじみ・・・。

そんな光景とアンパンマンに会ったこたろう君とがかぶってしまったのだ。
こたろうくんは泣いてなかったけどね。


・・・・えっ引っ張るほどの内容じゃないって??ほら言わんこっちゃない。
「期待しないで待て」って言ったじゃ~~ん。
でも一度「次回に続く」ってのやってみたかったの!!エッセイであるじゃん、よく・・・・。
自己満足ですよ、エエ。
[PR]
by maloa | 2006-02-15 18:49 | つぶやき話

辛いっすね~

昨日はバレンタインでした。
皆さんはいかがお過ごしでしたか?

私は、う~~~ん微妙。。。

昨日ダンナと「確定申告」の話になったときに、些細なことでダンナと言い争いになったのだ。
まあ、私の被害妄想、思い込みなのだが、ダンナが
「今年の申告分は戻ってくるのか。」と言ったのをを私は
「私が休職しているので、収入が激減(傷病手当金と保険のみ)しているので、申告しても
戻る確立は低い=つまりダンナはさっさと会社に戻れと言いたいんだ。」
と解釈してしまい、そこから私の中の何かが音を立てて崩れてしまい、
「じゃあ、明日会社に戻って稼ぎまくってやる。」だの
「会社に戻れってはっきり言え。遠まわしに嫌味いうんじゃねえ。」だの
「次休んだらクビになるんだ、お前そうなったらどう責任とるんだ。」だの
ダンナに対して、一方的に嫌味のオンパレード。

誰でも「触れて欲しくない」ことはあるでしょう。
私はぶっちゃけ「金銭」に関することなのだ。う~ん昔から色々あって
「金に汚い奴は死んでしまえ」と過激な考えがあるのだ。申し訳ないが、この考えは誰になんと
言われようとも絶対に変わりません。
・・・この話、これで終わり!
もちろんダンナにも「触れて欲しくない」ことはあって、あろう事か私はそれをぶちかます所であったのだ。

その後、誤解は解けたものの、正直まだ自分の中ではヘンな葛藤があって、
「どうして私はいつも悪く考えるの?」
「どうして人の弱点を付こうとしたの?」
「会社に戻りたいって焦ってどうする、でも、周りの人間は遊び歩いてるって思ってるかも。」
「いいや、立派な療養中なのだ。」
・・・・キリがねええええ。焦りは禁物なのに・・・。
あ~~早く「社会人」に戻りたいのに~焦るな、自分。

むむ~つらいっすね~。
もう周囲の人間に迷惑かけたくないっす。いまさらいい子ちゃんにはなりたくないが、あ~あ。
私だって悩むときはあるんだよう。

・・・・前回の続きは今日明日中には必ず書きまっす!!
今度こそ、次回をあまり期待しないで待て!!
[PR]
by maloa | 2006-02-15 12:06 | つぶやき話